Category | 道東の渓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.9.14 道東遠征(思い通りには・・・)

1ヶ月ぶりの釣行。秋の遠征、第1弾。
やっとこの日が来ました。
金曜の夜に移動して秋に遡上するアメマスを狙って道東の河川へ

定番ポイントから入渓。流れがかなり変わっているようだ。
IMGP1831_convert_20130916215749.jpg
この橋の対岸には深みがあったのだが、流れが中央に移り 草が生えている。

IMGP1832_convert_20130916215823.jpg
山裾のぶっつけの深みには数尾の魚がいて、中には50クラスもいるのだがルアーには反応しない。
少し下って流れを渡るとカラフトが右往左往している。やはり少し早かったようだ。

たまりでは反応が薄いのでボサの中の流れの中にルアーを打ち込むと
IMGP1836_convert_20130916215852.jpg
小さいながらやっと出てくれました。しかし、このサイズではないんだよな~と思いつつ下流へ

下流の深めの流れでボイル。
ここは、例の新しく仕入れたルアーをセットして数回キャスト。

すると、当たりが・・・ん?動かない?根掛かり?ロッドを振ってやると動き出した。
竿先がグッと引き込まれる。「ヤッタ!間違いなく大物!!」唸るドラグ、水の中を右に左に走り回る。
先行していた友達に無線で連絡。そこにちょうど通りかかったフライマンが自分に話してるかと思って
何やら言っている。「楽しそう!なかなか上がってこないね」無線の友とギャラリーと魚を相手に5分ほどファイトする。

徐々に水面に浮いてきた魚 「あれ????なんで魚体が黄色い?」上がってきたのは
IMGP1844_convert_20130916215955.jpg
アメマスにはスイッチが入らず彼にスイッチが入ってしまったようです。

隣の川にも行って見ましたが、やはりサイズが小さい。
IMGP1850_convert_20130916220032.jpg

IMGP1864_convert_20130916220306.jpg

夕方近くになり買出しを済ませて今夜の宿へ
IMGP1853_convert_20130916220143.jpg

夕飯は、やはり
IMGP1856_convert_20130916220215.jpg
焼肉とビール。今日の釣行を振り返りつつ明日への期待をして眠りについた。

翌日
IMGP1859_convert_20130916220229.jpg
上流域に入ってみたが、ここも魚影が無い小さな魚のチョイスはあるが群れは入っていないようである。
もう少し寒くならないとダメみたいですね。

台風情報もあったので、阿寒を覗いて帰路に着きました。
帰りはどしゃぶりになりましたが、釣りの最中は当らなかったので良しとします。
さ~次は10月のオホーツクですね。


スポンサーサイト

13.7.15 初渓探索

連休最終日、早朝 道北の宿を後にする。
IMGP1768_convert_20130724000341.jpg
私の希望で道東の初渓へ。今までいろいろな噂を聞き、支流には虹鱒がたくさん居た所までは確認している。
本流に一度入ってみたいと思っていた。入渓予定の場所には先行者が…
それなら、最終目標の堰堤に直接。
IMGP1772_convert_20130724000357.jpg
始めて来たのだが堰堤まで道が続いていて容易に入れる場所だった。
入渓者も多いようで、噂通りとは行かないようです。
IMGP1776_convert_20130724000426.jpg
少し下流へ降りて落込みを探ると
IMGP1774_convert_20130724000412.jpg
やっと1尾出てくれました。その後は続かず…猿獲さんの案内で下流へ場所が替え。
IMGP1778_convert_20130724000505.jpg
市街地の傍を流れる連続堰堤の渓 携帯も届くし次の橋まで行ってみようか。
IMGP1780_convert_20130724000521.jpg
少し下がるとこんな大きな堰堤もありました。魚は深場に居るようでフライでは小物しか出てくれません。
しかも、街中の渓と甘く見ていたらけっこうな森の中。拾いに来てくれたGさん、じじさんお世話を掛けました。
昼近くになったので帰路に着くことに、その道すがらもう1本
IMGP1784_convert_20130724001219.jpg

IMGP1782_convert_20130724001201.jpg
ここも、大きなものは居ないようです。
今年の渓流は厳しいようですね。次はBO~Z覚悟で大河へ行ってみましょうか。
皆様、3日間お世話になりました。またの釣行楽しみにしています。

13.7.13 道東遠征1

3連休の当番を同僚が代わってくれた。(感謝)
それにあわせて?じじさんが道東へ行くとの事なのでこちらからGさんと参戦することに。
最初の待ち合わせ場所にはじじさんと2回目の顔合わせとなる猿獲さんが待っていた。
では、道東へ向け出発。そして、最初の渓は・・・
IMGP1720_convert_20130718013452.jpg
渇水の渓 ん~水が少ない。少しやって様子見。
IMGP1722_convert_20130718013519.jpg
500mほどの遡行、流れのゆるいところで反応するのはQちゃん。落込みからは子ニジが・・・
山女を狙ってダム下の支流に来たのだが・・・早々に見切りをつけて次へ行ってみましょう。
IMGP1723_convert_20130718013544.jpg
天気は上々、気温もどんどん上がっていく。
そして2本目は巨蕗の渓IMGP1730_convert_20130718013602.jpg
暑さのため日陰で休憩中のGさん
ダム上の虹鱒の渓。子ニジばかりと思いきや脱渓ポイント近くの岩の絡む深場にGさんのラインをブレイクした奴が居ると言う。
岩の脇の流れにフライをのせ流す。数投してピックアップ寸前、上手よりフライを追い 咥えた瞬間白い腹を見せて反転。 
IMGP1732_convert_20130718013623.jpg
流れに乗らず、深場へ数回潜ろうとした事が幸い。岸のずり上げることが出来た。
3本目は山女が薄い渓
IMGP1740_convert_20130718013711.jpg
とある有名河川の支流。ダム下ですが山女は居るのでしょうか?
IMGP1738_convert_20130718013641.jpg
薄いようですがチビやまめがはたくさん居ましたので入渓者があったのでしょう。
本日の宿は何年ぶりかでキャンプ
じじさんの泊まっているホテルに潜り込み温泉風呂を頂戴、この日の釣行を振り返り
キャンプ場に戻って就寝についた。明日への期待を夢見ながら・・・
夜中、子供の泣き声と夫婦喧嘩に眠りを破られる。
公共の場なのだから少し考えろやな~。
気にしないで寝ちまおう。

13.3.30 道東へ

今年こそはと、3ヶ月前から計画。準備も何とか間に合い 
期待に胸を膨らませ夜明けとともに中継地点を出発。
IMGP1335_convert_20130404232445.jpg
天気も上々。後は対象がいることを願う…。
そして…いた!
IMGP1348_convert_20130404232605.jpg
今回はタンチョウを見に道東まで来ました。しかし、コンパクトカメラではズームが足りない。
IMGP1350_convert_20130404232628.jpg
近くで餌を啄ばむタンチョウを発見。しかしカメラを向けると サッと翼を広げて離れてしまいました。
(写真はなんともマヌケな格好ですけどね。飛ぶ様は優雅で北海道の鳥に相応しいと思う。)
現在尾生息数は1000羽を超えているそうです。
http://pucchi.net/hokkaido/newstopics/200602tancyo_1000.php
一時は30羽ほどに減って絶滅危惧種になっていたこの鳥が徐々に増えて絶滅を脱したことは嬉しいことです。
せっかくここまで来たのだからこれも…
IMGP1344_convert_20130404232535.jpg
釧路へ向かう振り子特急。写真のタイミングが…






と、こんなのはあまり気にしたものではなく…
IMGP1347_convert_20130404232550.jpg
魚が…いない(汗)
(朝から歩き回って釣れなくて河原で横になった図)





次の日
中継地点まで戻っていろいろ走り回ったが…山中は川が開いてなく、中流域のめぼしい場所をRANGAN。
IMGP1353_convert_20130404232647.jpg
人口構造物の続く場所だが、タイミングが合えばいいのが出そう。ここは夏に一度来て見たいと思う。





今回の釣行は…
え…まさかのBO~~~~~~~.

この数ヶ月待ちに待って、出発時大騒ぎしてこの結果…どうしたものか…

なかなか、思うようには行かないものです。

それでも宿泊時、温泉入って ジンギスカンをおいしく頂き 酒もすすんで楽しい休日でした。

お世話になった、Hさんありがとうございました。m(_ _)m

次回に期待して、また予定しましょう。


12.11.2 清流を求めて

前日の夜よりかなりの雨が降っていた。次の日の川が心配なのだが…
IMGP1103_convert_20121104211026.jpg
あ~。やっぱり
濁りがひどいので支流へ向かってみます。以前に行ったことのあるキャンプ場の傍を流れる支流。
IMGP1104_convert_20121104211043.jpg
ん~。此処もダメか~。どうしよう???
ナビを見ているとこの橋の上流と下流に枝沢が入っているようです。
上流側は写真に写っている流れ込み。落差があるので下流側を見てみます。
IMGP1106_convert_20121104211103.jpg
濁りは入っていないようだが、夏には水が無いのではと思える細い流れ。試しに1投してみたら
IMGP1105_convert_20121104211218.jpg
最初から反応してくれました。少し上ってみましょう。車に戻って準備を整え再度入渓。
1つのポイントから3~5匹程上がってきます。
IMGP1107_convert_20121104211237.jpg
中にはホウライマスも。
IMGP1109_convert_20121104211259.jpg
魚影が濃いですね。打ち込めば釣れてきます。
お約束
IMGP1111_convert_20121104211324.jpg
こんなのもいました
IMGP1112_convert_20121104211346.jpg
上流に行くにつれ、大きさが小さくなってきます。
500mほど行った所で雨が降ってきたので、この辺で。
帰り道、地元の老人がスーパーカブで来ていました。この辺には民家が無いのでかなり走ってきたのでは…
話を聞くとこの渓は、夏の間キャンプ客用にニジマスを放すそうです。その残り鱒がかなりいるみたいですね。
地元の情報としてあの濁っていた支流の上流部にはかなりのサイズがいるということです。
来年は、時期を見てチャレンジしたいなと。
この悪天候でサイズは小さいけれど ドライ終盤の時期にこれだけ釣れれば御の字ですね。
次回の情報も仕入れたし。他を少し覗いて帰路に着きます。
プロフィール

Bianchi

Author:Bianchi
所在地 北海道 苫小牧

好きなもの アウトドア 釣り       
        夜遊び

嫌いなもの アクシデント

リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
渓流釣り
クリックよろしくお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。