Archive | 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.5.29 SK川~EH川

次に来たのがSK川
IMGP0864_convert_20110530232540.jpg
此処も水量少なく渇水しているとのことです。
IMGP0866_convert_20110530232445.jpg
それでも、深み目掛けて毛鉤を入れると 元気に岩魚君が反応してくれます。
IMGP0868_convert_20110530232710.jpg
この深みでは
IMGP0867_convert_20110530232620.jpg
尺上の岩魚君 「岩魚のいる渓は、生きた渓だ」と言う在来種の岩魚が止水で仕切られた川の中に生息しているのは自然のままの川だと。
IMGP0871_convert_20110530232823.jpg
途中、森の中から1羽のシジュウカラが私の前の枝に止まり水浴びを始めました。
そっと覗いていると2~3分の水浴び、毛づくろいをしてまた森の中へ飛んでいきました。
「自然の中にいるんだ。」と感じるひと時です。もし、熊さんに遭ったらそうは感じていられないでしょうけど。
IMGP0873_convert_20110530233124.jpg
此処からは
IMGP0872_convert_20110530232918.jpg
なかなかのニジマス君、小ニジも飛び出し この川は、そのうち岩魚、ニジマスの混生の川になるのでしょうか?
IMGP0875_convert_20110530233201.jpg
帰り道、眼下の川を望みつつ次の川へと向かいます。
IMGP0876_convert_20110530233421.jpg
本日、最後の渓 EH川 入渓地点の急斜面をすべり降り川面に到着。
水量はまずまず。馬平さんは魚影の薄い川だという。
IMGP0879_convert_20110530233557.jpg
見事な渓谷です。先端まで行くと「あれ?ここどうやって渡るの?」
此処は、雪代が終わってないようで 高巻きしなければなりません。
IMGP0890_convert_20110530233808.jpg
下の川から上ってきました。
此処で先走る私・・・この崖を何とか降りると2人の姿を見失ってしまいました。
上流へ向かったのだろうと判断 川を登り始めます。
IMGP0881_convert_20110530233637.jpg
途中、岩魚が反応しましたがHITまで至らず。
早足に進んでいくとやっと2人に追いつき一安心です。
IMGP0885_convert_20110530233725.jpg
最終地点 魚止めの堰堤。この渓は小ニジ1尾で終了しましたが渓相のいい楽しい渓でした。 
馬平さん、ヤマP君 本日はありがとうございました。
また次回もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

スポンサーサイト
プロフィール

Bianchi

Author:Bianchi
所在地 北海道 苫小牧

好きなもの アウトドア 釣り       
        夜遊び

嫌いなもの アクシデント

リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
渓流釣り
クリックよろしくお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。