スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道東より日高の渓へ

道東の釣行を終えて、広尾にて1日の汗を流し一休み このまま寝てしまいそうなので移動を開始します。
明朝の開始のため、日高山脈の渓に到着したのはPM9:00寝床を用意し横になると一瞬にしてぐっすり
朝、Gさんが起きて外に出て行った。もう少し眠いので横になっていると
「大変だ~!!」何が起きたのかと飛び起きると「水がね~ぞ!」慌てて川に行ってみると
CIMG0724_convert_20100923225510.jpg
前回来た時は、遡行すら間々ならぬほどの水量だったという。
Gさん「少し先に、深みがあるはずだから試してみよう」と竿1本だけを持ちポイントを目指します。
と、
CIMG0725_convert_20100923225625.jpg
小さいですが、とりあえず1尾
そのあと、落込みに打ち込むと10分程度の間に同じポイントから
CIMG0727_convert_20100923225958.jpg
CIMG0728_convert_20100923232150.jpg
CIMG0729_convert_20100923232230.jpg
22、24、25と3連発 後で聞いた話しですが 先日、馬平さんが型物を上げた場所だとか
その先は水が少なそうなので別の支流へ移動してみます。
CIMG0734_convert_20100923233557.jpg
支流は水量がやはり少ないようです。それでも
CIMG0733_convert_20100923232628.jpg
それなら、本流へと
CIMG0731_convert_20100923232457.jpg
本流では海より アメマス、サクラ、サケが遡上しているようでGさんは尺アメを数匹釣っているようですが
山女魚の型物の姿は無く納得行かない模様です。
CIMG0737_convert_20100923233657.jpg
最後に最初の支流の上流に行ってみることに。
CIMG0730_convert_20100923232328.jpg
朝の、釣果から少し期待をしたのですが
CIMG0756_convert_20100923235345.jpg
終盤に岩魚が掛かり竿を引き上げると「ピキッ」と嫌な音が
CIMG0760_convert_20100923235538.jpg
こいつが上ったときには先が抜けるというアクシデント
CIMG0762_convert_20100923235632.jpg
本日の釣行はここで終了です。
シェルパのGさん2日間ありがとうございました。
見よう見まねで巻いた マドラーにも釣果があり 元気な魚は大きなドライにも当たってくると判りました。
色々 収穫のあった釣行でした。
来月もまたよろしくお願いいたします。m(_ _)m
スポンサーサイト
Comment
分殺のテンカラ師
あれだけの山女魚を僅か数分間で釣り上げるとは・・・
恐るべし m(_H_)m
分殺のテンカラ師匠と呼ばせて頂きます m(_H_)m
来月は一人で行け~~ (^H^) v(^H^)v
誤解
シェルパのGさん こんばんは。
厳しいコメントは皆さんの誤解を招くので 
お控えなさって(^3^)

渓を熟知する先輩は後輩のために自分は竿を出さず
好ポイントを譲ってくれたのでした。
(もしかしたらi-198
あまりの渇水にやる気が無くなってたのかもi-278i-278
真相は定かではありません。
渇水状態での釣りは
こんにちは。
ここも行きたかったのですが、
今年はこの渓に行っていません。
本流は別として支流域はいつも渇水状態です。
渇水状態での釣りは一番難しいと思いますよ。
そんな中でのこのやまべはたいした物ですね♪
来シーズン、案内してください。
やりますなあ~
渇水なぞ物ともせず、良型連発とは♪
Gさんの指導の成果が出てきましたね。
シーズンも残り少ないですが、楽しみましょう~
ぜひ、行きましょう
かわせみさん こんにちは。
Gさんの話ですと湧水の少ない渓は渇水するそうですね。
案内とは行きませんが、(今日、森で迷いました。)
ぜひ来シーズンも行きたいです。
よろしくお願いいたします。
あれ?シーズンオフは?
TWさん こんにちは。
いろいろ教えてもらってます。i-179
ところで、シーズンオフは去年ありませんでしたよ。
雪が降ったら、WRCの道付けが始まります。i-278
あちら側?
ここは 日高山脈の向こう側ですね!
こちら側は いくらか楽しんでますが
向こう側は ちょっと遠くて 豊似くらいしか
行ってないもんね~
今度 ポイント 教えてね~(^^♪
背骨の向こう
toma-Tさん こんばんは。
ここは、北海道の背骨 尾骶骨の横ですね。i-278
この辺には、まだたくさんの魅力的な渓があるようです。
ちょっと、遠いのでまた、来シーズンのお楽しみですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Bianchi

Author:Bianchi
所在地 北海道 苫小牧

好きなもの アウトドア 釣り       
        夜遊び

嫌いなもの アクシデント

リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
渓流釣り
クリックよろしくお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。