FC2ブログ
Category | 日高の渓

12.4.7 初めての渓 釣行

本日、三本目の渓 他の水系へ移動してきました。私にとって、初めての水系
IMGP0669_convert_20120413002839.jpg
入渓してすぐの渕から さっそくあがってきたのはホウライ鱒(頭が切れてしまいました・・・)
IMGP0672_convert_20120413002942.jpg
久々の釣行 山P君も順調につれているようです。私の方はなかなか餌釣りに慣れない。喰いが弱いので
フッキングがうまくいきません。
IMGP0676_convert_20120413003050.jpg
馬平さんは最後から追いかけているのですがバンバン釣り上げています。
ところで、シェルパのGさんの姿が見えないようですが‥・
IMGP0679_convert_20120413003347.jpg
クラクションを鳴らしながら車が通りすぎた後、川下から笛の音が聞こえるような気が?
と、上流にGさんの姿。上流まで車を回して待っていてくれました。
川の中に入っていると何処からなっているのかわからないものですね。
IMGP0678_convert_20120413003141.jpg
脱渓手前で釣れたデカパン。今日の1番です。

そろそろ、雪がちらついてきましたのでこの辺で終了です。
皆さん今日もありがとうございました。また次回も(次はいつになるかな~)
徹夜明けの私は帰りの車中半分は就寝してしまいました。
次は、運転しますのでよろしくお願いいたします。m(_ _)m

12.4.7   1年ぶりの渓 2

1本目を終了して川通しに下って行くと2人の釣り師が準備をしていた。
「どこまで上がった~?」「1キロくらいですかね~」
この時期にここに来るのは我々だけではないようです。
林道をつたい、上流も確認に行ったのですが除雪はすぐに途切れていました。
IMGP0649_convert_20120412003116.jpg
そこで、下流の支流へ入ることに   小さめの渓なので少し徒歩で上がり 上と下に別れることに。
IMGP0651_convert_20120412003144.jpg
下流へ馬平さんとYAMA-P君  上流へシェルパのGさんと私。 入渓は、雪の斜面を滑り降りる。
IMGP0653_convert_20120412003206.jpg
この落ち込みから2本目開始です。
IMGP0655_convert_20120412003252.jpg
前回入ったときは、水量が少なかったように思えるが  今時期はちょうど良い流れ。岩魚まじりに20センチくらいの山女魚がかかります。
IMGP0662_convert_20120412003434.jpg
途中、魚影の濃そうなポイントでワームを試してみると岩魚が3尾食いついてきました。
冬の間の我慢を取り返すように。さすがに山女魚は騙されませんでしたね。
IMGP0666_convert_20120412003541.jpg
支流は上流でまた二つに分かれさすがに流れが細くなってきました。
最後のポイントには倒木下に岩魚君が隠れていました。

下流へ向かったYAMA-P君たちも釣れていたようですが、
いつものように馬平さんの爆釣に下唇を噛み締めていたようです。

私としてはもう1本くらい行きたいな~ たぶん皆さんもそう思っているはず。

12.4.7 1年ぶりの渓

IMGP0631_convert_20120408234737.jpg
久々の釣行に待ち合わせ場所に早く着いてしまった。
夜空は雲一つなく満月が浮かんでいる。放射冷却でかなり冷え込んでいる。さて、今日はどこに行くのでしょう。
IMGP0635_convert_20120408234836.jpg
今日の同行は馬平さんとシェルパのGさん
IMGP0647_convert_20120408235236.jpg
そして、昨年11月以来のYAMA-P君 気合入りまくりで安心しました。

1年ぶりに訪れた渓は雪代前で川底まで透けて見えるほど澄んでいました。
IMGP0643_convert_20120408235204.jpg
前回、この支流に来た時は大遠征の最終 疲れもあって渓想をよく覚えてなかったのですが
時期がいいと、渓想もいいですね。
IMGP0642_convert_20120408235136.jpg
「ん~なかなかいいポイントだぞ」と譲ってくれたGさん 狙い通りいたのですがバラしてしまいました。
喰いの浅い時の合せは難しい~。
IMGP0639_convert_20120408235026.jpg
1キロほどの遡行で岩魚も釣れて1本目を終了。
IMGP0644_convert_20120408235306.jpg
さ~次行ってみよう。

サクラ鱒遡上

[広告] VPS


[広告] VPS

11.7.3 2回目の親切に感謝 猿留川

余力を残し次の猿留川へやってきました。
孵化場付近より本流へ入渓。
IMGP1190_convert_20110705232542.jpg
大きな渕に流れ込みの続く渓相。渕の中は止水に近い。
IMGP1192_convert_20110705232741.jpg
周りの緑が水に映るかのように深みは瑠璃色をしています。
IMGP1194_convert_20110705232708.jpg
ここでも、美幌で教えてもらったポイント見極めが結果をもたらします。
早々に中パンをあげれました。
IMGP1200_convert_20110705232844.jpg
このクラスが7~8尾出ました。
IMGP1205_convert_20110705232956.jpg
そして、待望のデカパン 嬉~~~~。
IMGP1208_convert_20110705233035.jpg
脱渓地点に近づくと上流に人影が・・・ あ~先行者か~
しかし、この方が品実2回目の幸運の神様になる。地元の釣り人は橋から数百メートルで納得の釣果をあげたらしく引き上げるところのよう。親切に川渡りの場所を教えてくれた。
「どこから入った~」「孵化場からです。」「どうやって帰るのよ~」「歩いて~です。」
地元の釣り人は「ぷっ」とふきだした。「かなりあるぞ~。俺、トラックだから送ってってやるか~」これを断る理由はありません。「お願いしま~~~~~~~す。m(_ _)m」
本日2回目の親切です。こんなことは、もう2度とないのでは。
IMGP1210_convert_20110705233132.jpg
私たちを駐車場所に置いて、トラックは颯爽と去っていくのでした。
同じ趣味を持つ方からの暖かい心使いににほんとに感謝しました。
来月もまた、来たいですね。
シェルパのGさん 馬平さん 本日もありがとうございました。またよろしくお願いいたします。
プロフィール

Bianchi

Author:Bianchi
所在地 北海道 苫小牧

好きなもの アウトドア 釣り       
        夜遊び

嫌いなもの アクシデント

リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
渓流釣り
クリックよろしくお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード